30代後半で初産した私の出産レポ漫画(ドキュメンタリー)

出産レポ 初産 育児漫画
初産で出産したときのレポ漫画です

ここでは私が30代後半で初めての出産をした時の体験談を、漫画などを交えながらレポートしてみたいと思います。最近は30代、40代で初めてのお産という方も珍しくなく、出産の年齢というものはあまり関係ないのかもしれませんね。どの年齢であっても初めての出産は不安なものだと思います。そんな方の緊張を少しでも緩められれば…ということでシェアしたいと思います。

初産で陣痛こなくて不安だったけど連休前だからって入院した件


せっかくなので、ちょっと漫画も下に織り交ぜながらお話していきます。過去にLINEブログで掲載していたものなのでちょっと絵が古いですけどなるべく時系列で載せていきます。
妊娠中特に大きなトラブルもなく、出産予定日を迎えたのですが、予定日を過ぎても生まれず…。
初産だったので不安を抱えていましたが、定期検診に行ったときに産科医から

「連休になるし入院して陣痛促進剤を使って産んじゃいましょう♪」とフランクにいわれました。


ああ、考えてみれば休診日とかもあるにはあるから連休前に入院して産んどいた方が病院的にも都合がいいんだなと納得。大きい病院だったらこういうことはないかもしれないけど、クリニックくらいだとそういう都合も考慮されるんだなとプチお勉強でした。
という感じで、全然元気だけど入院することになり助産師さんに説明を受けてパジャマに着替えたらすぐに陣痛促進剤を投与されました。

陣痛促進剤を投与!点滴で投与されるも赤ちゃん降りてこない

陣痛促進剤には点滴タイプと錠剤タイプがあり、最初は点滴でした。「最初は」という書き方をしたので勘のいい方ならわかるかもしれませんが、そうなんです。最初の促進剤は全然効かなくて違う種類の促進剤を投与されることになりました。
この促進剤は副作用とかもあるということなんですが、お腹を貼らせるので確かに過去に子宮の手術などをした方だと投与できないとか色々あるみたいです。そういう副作用の極端な例とかをネットであらかじめ読んだりしちゃってたんで、この間もけっこう不安でした。

にゃんポイントアドバイス
にゃんポイントアドバイス

色々不安だとネットで色々情報あつめてさらに不安を募らせることがあるから、ネガティブな情報はみないようにしよう。不安になるだけ損!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました