30代後半で初産した私の出産レポ漫画~陣痛が来たー!→こない

育児漫画 育児漫画

陣痛促進剤を投与して半日以上経過したころ、ようやくお腹が張ってきました。生理痛のけっこうきついやつくらいの重い痛みがドーンとお腹の中でうごめきます。
とはいえなにせ初産だもんですから、どのくらいで産まれるのかタイミングがわからない。
でもお腹が痛くなってきて不安になったのでナースコールで助産師さんを呼びました。

初産婦あるある?陣痛きても助産師さんは放置プレイ(仕方ない)

ナースコールで呼ばれた助産師さんが股の間をチェックすると
「子宮口がぜんぜん開いてないからまだまだですよ~^^」と言われもうちょっと
様子見ましょうということに。
そうか、陣痛はまだまだこれからか…なんて考えて我慢していたのだけどやっぱりお腹は痛くなってる。その後1時間おきくらいに助産師さんが子宮口を確認しにきてくれるんだけど、全然子宮口が開かない。子宮口が開かないうちはできることが何もないのでまた放置…。
そんな感じでめちゃくちゃ亀進行の陣痛でした。

前駆陣痛?旦那病院へ到着するも、陣痛おさまり面会時間終了の巻

そうこうしながらもうすっかり夜になったころに、お腹の痛みがまた強くなってきました。この痛みはどのくらいかというと、これまでの生理痛で一番痛い、ベッドでじっと横になっていられないくらいの痛みっていうんですかね。この時は痛みに加えていつ分娩がはじまるかわからないという不安の方が勝ってるんで焦るんですけど、平常心であれば耐えられなくはない痛みという感じでしょうか。助産師さんが私が焦りだした様子を見て
「念のためそろそろご主人呼んどきますか^^」と仰いました。

そして主人が病室に到着。「いよいよかー」なんて言いながらその時を待ちますが…
なぜか全くお腹が痛くなくなってしまう
あんなに痛かったのに…これっていわゆる前駆陣痛ってやつなんでしょうか。
ちなみに前駆陣痛っていうのは下記のようなものです。

前駆陣痛とは、出産に当たり実際に感じられる陣痛とは異なり、妊娠中期から後期にかけて自覚されるようになる、分娩に至るほどではない陣痛に類似した痛みのことです。

前駆陣痛は、子宮の筋肉が収縮することを原因として引き起こされ、お腹の張りや痛みとして自覚されます。正常の妊娠経過でも生じる反応であるため過度に心配をする必要はありません。

https://medicalnote.jp/diseases/%E5%89%8D%E9%A7%86%E9%99%A3%E7%97%9B

ちなみに私は妊娠中期・後期には全くこの症状なかったんで、前駆陣痛はある人とない人と
個人差がありそう
ですね。
結局陣痛がなくなってしまったままクリニックの面会時間が終了してしまい、主人はいったん帰宅することに…。
立ち合い出産はいいことですが、私のように亀進行のお産だと夫側としては手持無沙汰だったろうなと思います。

分娩までにかかる時間や経過は本当に人それぞれなんだなと

そんな感じで、入院後陣痛促進剤を打ってその日のうちに出産する予定が、陣痛がなかなか来ない(または微弱)だったので出産は翌日に持ち越しということになりました。
なんというか産気づいてからの心配ばかりしていたのですが、なかなか産気づかないことに不安になるとは思っていませんでしたね…。続きはまた次回に!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました